企業情報

中国のグループ会社が「CMMI」レベル4を取得しました。

2017年2月、当社の中国子会社である京濱電子装置研究開発(上海)有限公司(KCRD)が、カーネギー大学のソフトウェアエンジニアリングインスティチュート(SEI)が考案したソフトウェア開発の能力成熟度モデル「CMMI(※)」でレベル4を取得しました。

「CMMI」レベル4の取得により、KCRDにおけるソフトウェア開発プロセスが「定量的に管理されている」状態にあることが認定されました。

ケーヒンでは今後も、より効率的な開発体制の実現と魅力的な製品の提供を目指し努力してまいります。

※CMMI:Capability Maturity Model Integration

170413

最近のトピックス

宮城の小学校で環境出前学習を行いました

宮城の小学校で環境出前学習を行いました

ケーヒンでは、環境保護の大切さを子どもたちに知っていただくことを目的に、毎年、宮城県内の丸森・角田地区の小学生 […]

中国のグループ会社が創立20周年記念式典を開催しました

中国のグループ会社が創立20周年記念式典を開催しました

4月14日、当社の中国グループ子会社である南京京濱化油器有限公司が創立20周年を迎え、6月8日に記念式典を開催 […]

学生フォーミュラへの支援として燃料調整講座を行いました

学生フォーミュラへの支援として燃料調整講座を行いました

学生フォーミュラとは学生自ら開発・設計した小型レーシングカーでものづくりの総合力を競う大会です。 当社において […]

インドのグルガオンオフィスを移転しました

インドのグルガオンオフィスを移転しました

インドにあるグループ会社Keihin India Manufacturing Pvt. Ltd.(KPL)のグ […]

宮城で親子交通安全教室を開催しました

宮城で親子交通安全教室を開催しました

6月17日(土)、宮城県角田市にある角田開発センターで親子交通安全教室を開催し、近隣の親子計58名が参加しまし […]

伊具高等学校生徒が丸森工場で草花植栽活動

伊具高等学校生徒が丸森工場で草花植栽活動

5月29日(月)、宮城県伊具高等学校の移動授業が実施され、ケーヒン 丸森工場を校外教室とした、花壇作成と草花植 […]

PAGETOP