Automobile Products

天然ガス車用エンジンマネジメントシステム

1600_car_tennen_cut_a cg_illustration-9
天然ガスなどを燃料とするガス燃料自動車は、ガソリン車に比べて二酸化炭素などの温室効果ガスや窒素酸化物、粒子状物質などの有害物質の排出が少なく、東南アジアを中心に増加傾向にあります。
2014年に開発したケーヒンの天然ガス車用エンジンマネジメントシステムは世界トップクラスの耐久性と豊富な流量バリエーションを実現する「天然ガス車用インジェクター」、ケーヒンオリジナルの最適化制御で走行性能を向上する「2nd ECU」、低温環境下でも安定したガス供給圧を保つ「プレッシャーレギュレーター」、不純物が多い燃料に対し世界最高水準の捕集率を確保した「オイルトラップフィルター」で構成されており、 モノフューエル車、バイフューエル車のどちらにも搭載可能です。そして、バイフューエル車の場合には、さまざまなガソリンエンジン形状に搭載することを可能としています。

関連製品

2nd ECU

天然ガス系統の電子制御ユニット(ECU:Electronic Control Unit) 。ガソリン系統の電子制御ユニットからドライバーが操作するアクセルなどの...

天然ガス車用インジェクター

天然ガス系統の電子制御ユニット(2nd ECU)からの電気信号をもとに、プレッシャーレギュレーターで減圧された天然ガス燃料をエンジンポート内へ噴射します。

オイルトラップフィルター

インジェクターに送るガス燃料に含まれる不純物を取り除く製品。天然ガスを燃料タンク内に高圧充墳した際に生じるオイル分を捕捉しインジェクターの安定稼働を確保します。...

プレッシャーレギュレーター

車両の燃料タンク内に高圧充墳された天然ガスをインジェクターの噴射に適切な圧力へ減圧します。減圧した燃料をエンジンの運転状態に依存せず、特定の圧力で一定に保ちます...
PAGETOP