Automobile Products

カソード圧力制御弁

機能

水素を燃料とする燃料電池車は、水素と酸素がスタックで混合されることにより水と電気を発生し、その電気エネルギーを使って走行します。カソード圧力制御弁はエアポンプからスタックへ供給される空気の圧力を制御します。

ケーヒン製品の特長

既存部品流用によるコストダウンの実現
低圧損かつ流量制御性に優れているバタフライバルブ構造を採用し、駆動部にガソリン用のスロットルボディに使われている部品を流用することで、性能とコストダウンの両立を図りました。

氷点下での作動性と耐食性を確保
流路内の大量な生成水への耐食性と凍結による作動不良を解消するため、シャフトおよびバルブ材にステンレス鋼を採用しています。さらに、バルブとボアの隙間に入った生成水の凍結防止としてボア部分に特殊な撥水コーティングを施し、排水性を確保しました。

お客様のメリット

・大量の生成水が排出される燃料電池エア系システムにおいて、全温度域で確実な圧力制御に貢献できます

関連リンク

PAGETOP