Automobile Products

ドレインバルブ

機能

水素を燃料とする燃料電池車は、水素と酸素がスタックで混合されることにより水と電気を発生し、その電気エネルギーを使って走行します。
ドレインバルブはスタックから出る水を車外に排出します。

ケーヒン製品の特長

小型、軽量化の実現
コイル部分に量産されているソレノイドバルブ部品を流用し、コストダウンを実現しました。

耐環境性を考慮したステンレス鋼を採用
耐環境性を考慮し、流路ボディはステンレス鋼を使用しています。ケーヒン初の熱間鍛造製法を採用することによりコストダウンを実現しました。

お客様のメリット

・廉価で小型なバルブであるため、燃料電池システムのコンパクト化とコストダウンに貢献します

関連リンク

PAGETOP