Automotive Products

パワーコントロールユニット

機能

ハイブリッド車や電気自動車の発進、加速、減速時に発電用および走行用モーターをコントロールします。
発進時の「モーター駆動制御」、減速時の「回生制御」、バッテリー充電を行う「発電制御」、システム電圧を可変する「VCU制御」、DC-DCコンバーターで車載電気機器用電源に変圧するなどの機能をもっています。

ケーヒン製品の特長

機能集約All in One型インテリジェントパワーモジュールの採用
駆動回路や電圧検出機能を集約した高機能インテリジェントパワーモジュールを採用しています。さらに従来はユニット内で独立していた電流センサーと制御基板をインテリジェントパワーモジュールに機能集約し、大幅な小型化と部品点数の削減を実現しました。

ダイオードとIGBTが一体となったRC-IGBTの採用
シリコンパワー半導体スイッチであるIGBTとこれを保護する還流ダイオードを一体化したRC-IGBTを採用し、デバイスの面積低減によるコスト低減や実装部品点数削減による小型化を実現しました。

新開発の制御により、VCUの小型化を実現
新たな電圧・電流制御技術によりVCU(ボルテージコントロールユニット)全体の電力損失を抑制することで、内部部品サイズを約2割低減しました。さらにはコンデンサのサイズ・容量の低減と安全性を両立し、VCUの小型化を実現しました。

DC-DCコンバーターをパワーコントロールユニットに内蔵
スペース、熱、振動の課題をクリアし、車載電気機器に適した電力を供給する電力変換器DC-DCコンバーターの内蔵化に成功しました。これにより、高機能と小型化、トランスミッション直載方式の維持を実現しました。

お客様のメリット

・小型化による搭載性向上で、キャビンスペースを広くとった車両設計を実現します
・トランスミッションへの直接搭載方式を実現し、レイアウト性と組付け性を向上しています
・電力低損失化による車両の燃費、電費性能の向上に貢献します
・パワーコントロールユニット内の部品点数削減により低コスト化を実現しています

生産拠点

japan 日本 宮城製作所
japan 日本 狭山工場

 

関連リンク

PAGETOP