ホーム > 更新一覧 > プレスリリース > 新型パワーコントロールユニットや新型インジェクターなどを
「第46回東京モーターショー2019」で初公開

Press Information

2019年10月15日

新型パワーコントロールユニットや新型インジェクターなどを
「第46回東京モーターショー2019」で初公開

株式会社ケーヒンは、東京ビックサイトで開催される「第46回東京モーターショー2019」(プレスデー:10月23日~24日、一般公開日:10月25日~11月4日)に出展します。
当社は、2030年にハイブリッド車や電気自動車をはじめとした電動車を制御するシステムメーカーとして、独自の技術でお客様に喜ばれるソリューションを提供するグローバルブランドへと成長することを目指しております。
今回はその実現に向け、さらに進化させた電動車用新型パワーコントロールユニットをはじめ、ガソリンエンジンの低燃費化と低コスト化に貢献する新型ポート噴射用インジェクターなどを初公開いたします。さらに、日本において多くのファンを有するFCRキャブレターを進化させたコンセプトモデルを世界初公開いたします。
くわえて、日本のモータースポーツ活動をさらに盛り上げるため、国内最高峰の自動車レースのひとつであるSUPER GTに参戦するKEIHIN REAL RACINGのメンバーによるトークショーを実施します。

【今回の見所】
<初公開>電動車用新型パワーコントロールユニット
当社が得意とする電子制御部品の集積化と実装技術によりさらなる小型・軽量化にくわえ、車載電気機器用電源に変圧するDC-DCコンバーターを内蔵したことで、電動車両への搭載性を大幅に向上させた新型パワーコントロールユニット。

<初公開>最廉価新型ポート噴射用インジェクター
二輪車および四輪車用インジェクターの開発で培った技術を応用し、ガソリンエンジンのさらなる低燃費化と排出ガスの クリーン化の追求、そして業界トップクラスの廉価を実現した新型ポート噴射用インジェクター。

<初公開>E-FCR concept
多くのファンを魅了してきたFCRの高い走行性能を継承し、ケーヒンが培ってきたFI技術を融合させ、電子制御スロットルボディとして生まれ変わった次世代コンセプトモデル。

【ブース位置】 南3・4ホール S4106

PAGETOP