ホーム > 更新一覧 > プレスリリース > 中国・上海に電動車用製品の営業拠点を開設

Press Information

2018年08月10日

中国・上海に電動車用製品の営業拠点を開設

株式会社ケーヒン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:横田千年)は、中国子会社である東莞京濱汽車電噴装置有限公司が中国での二輪車および四輪車の電動車用製品の販売拡大に向け、上海市に営業拠点を開設いたしましたのでお知らせいたします。

1.営業拠点新設の目的
電動車市場が急速に拡大する中国において、地域に密着した営業活動により完成車メーカーのニーズにあわせた技術提案をタイムリーに行うことで電動車用製品の販売拡大を図るため、新たな営業拠点を開設することといたしました。

2.新営業拠点の概要
 拠点名 :東莞京濱汽車電噴装置有限公司 上海分公司
 所在地 :中華人民共和国上海市闵行区东川路555号六号楼401B室
 営業開始:2018年8月
 事業内容:中国における二輪車・四輪車の電動車用製品
      (パワーコントロールユニット、バッテリーマネジメントシステムなど)の
      販売拡大に向けた営業活動

3.開所式の模様
8月9日、上海分公司の開設を記念した開所式の開催し、その冒頭で社長の横田は、「上海分公司は、当社の2030年ビジョンである『新環境車ソリューションのグローバルブランド』に向け、二輪車、四輪車ともに拡大する中国のxEV市場における拡販の核となる拠点です。この拠点を基点とした活発な営業活動により、中国のお客様へ『うれしさの提供』と『信頼の獲得』ができるよう頑張りましょう。」と抱負を述べました。
20180810kdg-s

PAGETOP