Press Information

インド第三工場が本格稼動開始

株式会社ケーヒン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田内常夫)は、アジアにおける13番目の生産拠点としてインド南部のバンガロール近郊のドタバラプールで稼動準備を進めてまいりました二輪車製品を生産する新工場が11月20日に本格稼動いたしますので、お知らせいたします。

新工場は、市場が拡大するインドの二輪車需要に対応するため、インド子会社のケーヒンエフ・アイ・イー・プライベート・リミテッド(以下、KFI)の第三工場として二輪車用キャブレターの量産を開始いたします。
この新工場では、インドネシアの子会社からキャブレターの生産設備を移管することで、グループ内の設備を有効活用し新たな投資を抑えるとともに、工場内は天井からの自然採光を取り入れることで 環境に配慮した工場にいたしました。なお、新工場でのキャブレターの年間生産能力は、2014年度末に120万台を計画しており、今後は日本の“モノづくり”力を活かして、生産効率の改善や生産設備を革新し2016年度末に340万台まで生産能力を拡大する予定です。
これにより、インド中央部の第一工場、北部の第二工場にくわえ、南部の第三工場が稼動することでインド全土への供給体制が整い、キャブレターの年間生産能力は2013年度末の1,200万台から2016年度末には1,540万台になる予定です。将来的には、年間2,000万台まで生産能力を拡大させ、需要が拡大するインドでの二輪車市場に対応してまいります。

ケーヒングループでは、引き続き世界中のお客様に魅力的な製品を提供できるようグローバルでの供給体制を整えてまいります。
KFI-D

PAGETOP