ホーム > 更新一覧 > プレスリリース > ケーヒン、天然ガス自動車用新型NGVシステムを開発

Press Information

2014年09月10日

ケーヒン、天然ガス自動車用新型NGVシステムを開発

株式会社ケーヒン(本社:東京都新宿区、社長:田内常夫)は、天然ガス自動車用に専用開発した新型燃料供給システム(NGV システム)を開発しました。

天然ガスなどを燃料とするガス燃料自動車は、ガソリン車に比べて二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスや、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)などの有害物質の排出が少なく、かつ燃料価格が比較的安価であるため、東南アジアを中心に増加傾向にあります。
今回開発したNGVシステムは、旧モデルと同等以上の性能を維持しつつも小型・軽量化により、ガス燃料自動車の低燃費化に貢献しています。くわえて、ケーヒン独自の制御システムにより、小型車から大型車、さらに過給器付きエンジン、液化石油ガス(LPG)車など幅広い車種・エンジンへの搭載を可能にするとともに、システム全体の低コスト化も実現しました。

【今回開発したNGVシステムの特徴】
NGV用インジェクター(PIPE ASSY)
   
世界トップクラスの耐久性と豊富な流量バリエーション
   
ケーヒン独自の製法により15%の小型化と40%の軽量化
      *生産拠点 インド:ケーヒンオートモーティブシステムズインディア・プライベートリミテッド
2nd ECU(電子制御ユニット)
   
ケーヒンオリジナルの制御システムの採用と既存のエンジン用ECUとの協調制御により走行性能を向上
    機能集約と高密度実装により45%の小型化と35%の軽量化
      *生産拠点 タイ:ケーヒンオートパーツ(タイランド)カンパニー・リミテッド
プレッシャーレギュレーター
   
-20℃の低温環境下でも安定したガス供給圧
    レギュレート機能と電磁遮断弁を集約し一体化
      *生産拠点 日本:宮城第一製作所
オイルトラップフィルター
   
粗悪燃料に対応した世界トップクラスのオイル分除去性能
    レイアウト性に優れており、さまざまなエンジンに搭載可能
      *生産 日本:協力会社にて生産

*このNGVシステムでの特許出願数は29件になります。

ケーヒンは今回のシステムをさらに進化させ、2020年にはNGVのグローバルシェア30%を目指していきます。
今回開発したNGVシステムは、9月にタイで発売したホンダ「シティ CNG」に、天然ガスとガソリンの2種類を燃料するバイフューエルシステムとして納入開始いたしました。

ケーヒンは、今後も環境性能に優れた魅力ある製品を開発しグローバルに供給してまいります。

以上
New_NGV_System
<参考>NGVシステムについて
ケーヒンは、1997年よりガス燃料車両用製品を上市し、世界中のお客様へ納入しております。
今回開発したNGVシステムは、ガス燃料を噴射するインジェクターと、エンジン用電子制御ユニット(ECU)と協調制御しガス燃料の噴射を制御する2nd ECU、タンク内に高圧充填された天然ガスを減圧し、一定の圧力でインジェクターに供給するプレッシャーレギュレーター、天然ガスに混在したオイル分を除去するオイルトラップフィルターから構成されています。このNGVシステムは、天然ガスのみを燃料とするモノフューエル車と、天然ガスとガソリンの2種類を燃料とするバイフューエル車のどちらにも搭載できます。

PAGETOP