RACE REPORT

Round 7 MOTEGI

ROUND7

11月7日(土)、8日(日)

ツインリンクもてぎ

栃木県

100戦目の節目となる戦いでランキングトップに返り咲く

いよいよ2020年SUPER GTシリーズも残り2戦。トップから2ポイント差でむかえたSUPER GT第7戦「FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE」はシリーズ争いに向けた天王山。ウェイトハンディが半分となり、KEIHIN REAL RACING は2戦ぶりに燃料リストリクター制限から解放され、45kgのハンディで今大会にいどむ。
第4戦で優勝を果たしたツインリンクもてぎ、さらに今大会はケーヒンとともに「KEIHIN REAL RACING」としてSUPER GTに参戦し、100戦目となる記念すべき大会のため、チームにとって一段と気合いの入る第7戦となった。

11月7日(土)

公式予選

Result10

天候:晴れ | 気温:19℃(14:00時点) | 路面温度:24℃(14:00時点) | 路面状態:ドライ

予選方式:ノックアウト方式

11月7日(土)は快晴で例年に比べると比較的暖かく感じる気候となったが、午後には曇り空となり、やや気温が下がり始めるなか、公式予選の時間をむかえた。
今回の公式予選もノックアウト方式で行われ、予選1回目(Q1)の上位8台が予選2回目(Q2)に進出となり、上位8台はQ2の結果で決勝レースのグリッドが決定する。
今回のQ1はベルトラン・バゲット選手が担当した。気温があまり上がらないこともあり、残り時間8分30秒でピットアウトし、慎重にタイヤを温めて周回を続ける。3周目にアタックに入り、1’37.328のタイムを出すがウェイトも影響し、わずか5/100秒足らず、惜しくも10番手タイムでQ2に進出することができなかった。

11月8日(日)

決勝

Result05

周回数:63 | 天候:晴れ | 気温:22℃(13:00時点) | 路面温度:27℃(13:00時点) | 路面状態:ドライ

制限はあるものの今大会も多くのファンが来場し、ピット前には約500名のケーヒン大応援団が応援に駆けつけた。ソーシャルディスタンスを守るため、まばらながらも青く染まる応援席を前に、チームは決勝レースでの追い上げをあらためて誓った。

13時よりフォーメーションラップがスタートした。スタートを担当したバゲット選手は前日の予選Q1で「あと少しタイムを上げられていれば…」と悔しさをにじませており、いつも以上に気合いを入れていた。
バゲット選手はオープニングラップでシリーズランキングトップの14号車(WAKO’S 4CR GR Supra)を仕留めて9位にポジションを上げる。さらに3号車(WAKO’S 4CR GR Supra)にペナルティが課せられ、4周目に8位となり、翌周には36号車(au TOM’S GR Supra)をオーバーテイクして7位となる。その後、38号車(ZENT GR Supra)のすぐ後方につき、幾度となく隙を狙うが相手も巧妙にラインを防御し、もどかしい周回が進む。そのバトルのあいだに38号車の前を走行していた19号車(WedsSport ADVAN GR Supra)をオーバーテイクし、18周目に6位までポジションを上げた。そして、予定していたピットインのタイミングが近付き、ピット作業の準備に入った24周目にコースサイドに止まったGT300クラスのマシンを回収するため、セーフティカーが導入されてしまった。
KEIHIN REAL RACINGはピットインのタイミングを遅らせざるを得なくなり、28周目にセーフティカーが解除されたタイミングでピットイン。塚越広大選手にドライバー交代し、給油とタイヤ交換を済ませる。迅速なピット作業で先行していた23号車(MOTUL AUTECH GT-R)の前でピットアウトするが、まだタイヤが温まっていない状態のため、塚越選手は後半での追い上げに向けてアウトラップではしっかりタイヤを温めることに専念した。3号車と23号車に先行を許し、GT500クラスの全車ピット作業が終わった時点で7位となる。
33周目には3号車を捕らえ6位、前を走るのはランキング同ポイントの23号車。なんとしても前にいきたい。数周に渡り攻防戦が繰り広げられるなか、後方からは37号車(KeePer TOM’S GR Supra)も迫ってきた。少しのミスも許されないなか、47周目に23号車をパスし、5位にポジションを上げる。実は前半スティントのバトルでマシンにかなりの損傷があり、マシンのコントロールが非常に難しい状況となっていた。しかし、塚越選手はそれを感じさせない走りでシリーズランキングトップに返り咲く5位でチェッカーを受けた。

KEIHIN REAL RACINGとしてSUPER GTに参戦し、100戦目となる節目の戦いにサーキットだけでなく、ご自宅からもたくさんの応援をいただき、ありがとうございました。シリーズランキングトップと言うものの、大変な僅差でのシリーズ争いで最終戦をむかえることとなります。チームとして狙うは優勝のみ。101戦目となる最終戦をさらなる記念の大会とするため、ベストを尽くします。皆さんも最後まで応援をお願いします。

Team
Point

Point 09

Driver
Point

Point 06

Weight
Handicap

Point 45

Lap Chart

Comments

金石勝智 監督コメント

フリー走行では序盤に塚越選手がコースから飛び出したりして少しバタバタしてしまい、セッティングの時間が少し足らないような状況でフリー走行を終えました。
予選ではQ1をバゲット選手に担当してもらい、マシンのフィーリングはとても良かったようなのですが、5/100秒差でQ2に残ることができませんでした。ウェイトを考えるとよく頑張ってくれたのですが、接戦のなかでQ2へ進出できなかったのは痛かったです。
決勝レースはファーストスティントをバゲット選手に担当してもらい、とても良い戦いをしてくれて順位を上げ、ピットに戻ってこようとしたところでセーフティカーが入ってしまいました。それでも塚越選手も粘りの走りをしてくれて、2人とも10位スタートから5位フィニッシュまで頑張ってくれました。その結果、僅差ですがランキングトップで最終戦富士をむかえることとなりました。
前回、前々回の1ポイントも効いてきていると思うので、この粘り強さを最終戦でも発揮し、チャンピオンを獲りたいと思います。
最終戦も応援よろしくお願いします。

塚越広大 選手コメント

Q1をバゲット選手が行ってくれたのですが、本当に僅差でQ2に進むことができず、悔しい予選となりました。しかし、バゲット選手のマシンに対するフィーリングは悪くなかったので、決勝日のウォームアップ走行で最終調整を行い、決勝レースにのぞみました。
10番手からバゲット選手が追い上げてくれましたが、バトル中のいくつかの接触でエアロパーツをなくしてしまったこともあり、マシンのバランスが苦しい状況になっていました。セーフティカーのタイミングも僕たちにとっては悪く、ポジションを上げることができませんでした。交代してからのアウトラップも頑張りましたが抜かれてしまいました。ですが、そんな苦しいなかでもポジションを上げて5位でチェッカーを受けることができ、ランキングも一応トップに戻り、最終戦に挑むこととなりました。
最後は自分たちで強いレースをして、勝たないといけないと思います。そのためには今回のようなミスや流れを次回に向けてしっかり組み立て直し、勝つために準備したいと思います。

ベルトラン・バゲット 選手コメント

悪い週末ではなかったのですが、さらに良い結果も得られたかもしれないと思えたレースでした。フリー走行でのマシンのフィーリングは良く、特に決勝でのロングランを想定するととても安定していました。
予選ではQ1を担当しましたが、マシンの状態は非常に良かったので、アタック中は悪い感触はありませんでした。しかし、残念ながら僅差でQ2を逃してしまいました。シリーズポイントを考慮すると、決勝でさらに前に行く必要がありました。
決勝レースではファーストスティントを担当し、スタート直後に2台をパスし、さらに前車に追いつきましたが、ストレートやコーナーでマシンの速さは十分にあったのですが追い抜くことができませんでした。プッシュし続けましたが、GT300クラスのマシンとの接触でマシンにダメージを受け、空力が下がってしまいました。その状況でもラップタイムに大きな問題はなかったのですが、レースはセーフティカーによって流れが変わってしまいました。ピットレーンが閉鎖されたため、僕たちはセーフティカーの解除後にピットインすることとなりました。
その後、塚越選手はピットストップで落とした順位を戻すために本当に良いレースをしてくれましたが、残念ながらダウンフォースが下がってしまったこともあり、5位でレースを終えました。10位からのスタートとしては悪い結果ではありませんし、チャンピオンシップを再度リードすることができました。
シリーズチャンピオンを獲得するため、しっかりと準備をして最終戦に挑みます。たくさんの応援ありがとうございました。