1. KEIHIN REAL RACING 2019
  2. レースレポート
  3. Round 07

Race Report レースレポート : Round 07

Round7
9月21日(土)/22日(日)
スポーツランドSUGO
宮城県
コース全長3.704km

2戦連続のポール獲得も天候に翻弄される

2019 AUTOBACS SUPER GT第7戦「SUGO GT 300km RACE」が9月21、22日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。2019年SUPER GTシリーズも残り2戦。今大会はレギュレーションによって全車両のウェイトハンディが前戦から半減するため、これまで以上の接戦が予想される。チームはケーヒンのお膝元であるSUGOで好成績をおさめるべく週末にのぞんだ。
公式予選
9/21 Sat Result1
Data
予選方式 ノックアウト方式
天候 曇り
気温 20℃(15:10時点)
路面温度 25℃(15:10時点)
路面状態 ドライ
観客 12,000人(主催者発表)

9月21日(土)のフリー走行では前戦に引き続き、今回もトップタイムをマークし、高まる気持ちとどこか落ち着いた雰囲気で公式予選を迎えた。予選1回目(Q1)はベルトラン・バゲット選手が担当し、硬めのタイヤでコースにイン。入念にタイヤを温めてアタックに入り、ミスのない走りで3番手タイムとなる1'10.535をマークし、塚越広大選手にタスキをつないだ。続く予選2回目(Q2)を担当した塚越選手は残り時間約6分でコースイン。華麗なアタックで圧倒的な速さをみせ、コースレコードとなる1'09.676で2戦連続となるポールポジションを獲得した。

決勝
9/22 Sun Result5
Data
周回数 81
天候
気温 19℃(14:00時点)
路面温度 22℃(14:00時点)
路面状態 ウェット
観客 25,100人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.7 SUGO
Race Result
5
Team Point
8
Driver Point
7
Weight Handicap
26 Kg

9月22日(日)は朝から約2,000人のケーヒン大応援団が駆け付け、チームにエールを送った。
12時25分よりスタートしたウォームアップ走行では少し涼しい風が吹き、雲行きが怪しくなったかと思えば、急に晴れたりと不安定な天候のなか、20分間の走行が行われた。
全車がグリッドに着き、14時5分からスタートするフォーメーションラップの直前、グリッド上ではポツポツと雨が降り始める。マシンにはスリックタイヤを履き、そばに3種類のレインタイヤを準備して作業可能な時間を過ごしたが、その間も皮肉にも雨は降ったり止んだりを繰り返す。全車がタイヤ選択に悩まされるなか、KEIHIN NSX-GTはスリックタイヤでスタートすることを判断する。スタート時間をむかえたが、路面が少し濡れ始めていたため、セーフティカー先導でのスタートとなった。
雨が止むと予想していたが、セーフティカーランの最中も徐々に雨が強くなり始めてしまった。3周のセーフティカーランの後、4周目にスタートが切られた。スタートドライバーをつとめた塚越選手はセーフティカーランの間も充分にタイヤを温めていたが、コース上の雨量が多く、背後のウェットタイヤ勢をおさえることは難しく、オープニングラップで12位までポジションを落としてしまう。その後も雨は降ったり止んだりを繰り返したが、雨が強くなり始めたため、8周目にピットインし、レインタイヤに交換してふたたびコースに戻った。レインタイヤ交換後の走行ペースは良く、開いてしまったギャップを少しずつ埋めていく。
38周目に12号車(カルソニック IMPUL GT-R)がコースアウトしてグラベルにストップしたため、セーフティカーが導入される。43周目にリスタートがきられ、それと同時にKEIHIN NSX-GTはピットに入る。バゲット選手にドライバー交代し、給油のみを済ませてタイヤは交換せずにコースに復帰した。45周目には39号車(DENSO KOBELCO SARD LC500)をパスして8位となる。その後も雨量が増えていくなか、タイヤをマネージメントしながら周回を重ね、55周目には6番手を走行し、前車とのギャップをどんどん縮めていく。66周目に36号車(au TOM'S LC500)をパスし5番手となるが、後方からも激しい追い上げが迫ってくる。バゲット選手は最後までプッシュし続け、5番手で81周のレースを終えた。

2戦連続ポールポジションを獲得しましたが、天候を味方につけることができませんでした。その時々の状況のなかで悩み、その都度最善と思う選択をして戦いました。今回のレースがまたひとつチームとして強くなるための試練だったと強く感じています。応援してくださった皆さんにはがっかりさせてしまった部分もあると思いますが、これからさらに成長していくチームに応援をいただけますようお願いいたします。
雨のなか、たくさんのご声援ありがとうございました。

Lap Chart Round 7スポーツランドSUGO

Next Round11/2-3

Round 8
MOTEGI

Ranking

Team
Ranking 09
Point 45
Driver
Ranking 07
Point 33
Weight Handicap
--kg
リアルVoice

PEGETOP