1. KEIHIN REAL RACING 2019
  2. レースレポート
  3. Round 06

Race Report レースレポート : Round 06

Round6
9月7日(土)/8日(日)
オートポリス
大分県
コース全長4.674km

圧倒的な速さを見せるも
荒れたレースで2位表彰台を獲得!

SUPER GTシリーズ唯一の九州大会 2019 AUTOBACS SUPER GT第6戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」が9月7、8日に大分県のオートポリスで開催された。
今シーズンは苦しい戦いが続いているKEIHIN REAL RACINGは今大会こそ結果を出す、という強い意気込みで週末にのぞんだ。
公式予選
9/7 Sat Result1
Data
予選方式 ノックアウト方式
天候 曇り
気温 28℃(14:50時点)
路面温度 36℃(14:50時点)
路面状態 ドライ
観客 10,010人(主催者発表)

台風13号の影響が心配されたオートポリスであったが、予選日の9月7日(土)は予想に反して時折日差しも見せ、終日ドライコンディションでの走行となった。
KEIHIN REAL RACINGは午前中のフリー走行で順調にマシンのセッティングを進め、トップタイムをマークし、予選への期待を高めた。
公式予選1回目(Q1)は定刻の14時50分にスタートした。Q1を担当するのはベルトラン・バゲット選手。いつものように残り時間7分くらいからコースインするマシンが出てくる。KEIHIN NSX-GTも残り時間6分でコースインし、バゲット選手は冷静にアタック。1'34.415を記録し、トップタイムで予選2回目(Q2)の進出を決めた。Q2を担当した塚越広大選手も圧巻のアタックで1'33.262を記録し、2位に0.7秒以上の差をつけてみごと今季初のポールポジションを獲得した。

決勝
9/8 Sun Result2
Data
周回数 65
天候 曇り/雨
気温 27℃(14:30時点)
路面温度 33℃(14:30時点)
路面状態 ドライ/ウェット
観客 17,300人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.6 AUTOPOLIS
Race Result
2
Team Point
18
Driver Point
16
Weight Handicap
20 Kg

9月8日(日)決勝日も朝は夏の日差しを思わせるように暑く、予選でポールポジションを獲得した両ドライバーは朝からトークショーなどで忙しいながらも、ほどよい緊張感のなか、決勝日初めての走行となるウォームアップ走行にのぞんだ。マシンの調子は前日に続き好調でトップタイムをマークしていたなか、一気にピット内に緊張が走る。バゲット選手からマシントラブルが発生したと無線が入ったと同時にモニターにはコースサイドに停まるKEIHIN NSX-GTの映像が映し出される。マシンはピットに戻ってきたが、スターティンググリッドに着くためのピットレーンクローズまで残り時間は20分弱。メカニックたちは懸命にトラブルを解明し、時間内にマシンを修復させた。KEIHIN NSX-GTは無事にグリッドにたどり着き、決勝レースのスタートを待った。

14時30分よりパレードラップが1周行われたあと、1周のフォーメーションラップが続き、ついに65周のレースがスタートした。スタートドライバーは塚越選手。1コーナーで8号車(ARTA NSX-GT)の先行を許すが、すぐにパスし、トップでオープニングラップを終える。KEIHIN NSX-GTはぐんぐんと後続とのギャップを築いていくが、早くも1周目に1号車(RAYBRIG NSX-GT)がタイヤバリアにクラッシュ、3周目からセーフティカーが導入され、後続との差がリセットされてしまった。
セーフティカーランは6周まで続き、7周目にリスタートがきられる。塚越選手は再度後続とのギャップを築くべくマシンを走らせ、10周が終わったころには7秒、19周目には9秒以上のギャップを築く。この頃から1コーナーあたりでは雨が降り始める。まだ雨は本降りではないものの、コースの一部ではマシンコントロールが難しい状況のなか、塚越選手は後続とのギャップをキープしたまま周回を重ねていく。34周目にGT300クラスのマシンがコース脇にストップしたため、チームはセーフティカー導入を予測し、KEIHIN NSX-GTはすぐさまピットイン。35周目にバゲット選手にドライバー交代し、給油、スリックタイヤへ交換し、ふたたびコースに戻る。
このタイミングでセーフティカーが導入されるが、雨脚が強まってきてしまう。41周目にリスタートがきられるがスリックタイヤでの走行は困難と判断して42周目にふたたびピットインし、レインタイヤに交換して5位でコースに戻る。その直後GT300クラスのマシンがコースオフ。この日3度目のセーフティカーが導入される。50周目にリスタートがきられるが、トップを走る39号車(DENSO KOBELCO SARD LC500)が加速するなか、後ろにいた周回遅れの16号車(MOTUL MUGEN NSX-GT)がスリックタイヤを履いていたため、ペースが悪く、トップとの差が広がってしまった。しかし、バゲット選手はあきらめずにペースを上げ、51周目に19号車(WedsSport ADVAN LC500)をパスして3位にポジションを上げる。さらに翌周には38号車(ZENT CERUMO LC500)もパスして2位となる。前を走るトップとの差は約14秒。バゲット選手は目を見張るラップタイムでトップとの差をどんどん縮めていったが、あと3秒届かず、2位でチェッカーフラッグを受けた。

今季初となる表彰台を獲得することができました。うれしいはずなのに、非常にくやしい気持ちが残るのも確かです。決勝レース直前のトラブル、目まぐるしく変わっていった天候、セーフティカーのタイミングなど、さまざまなことがあったなかで粘り抜いた強さの結果となる「2位」だと感じています。絶対的な速さは証明できました。次戦、菅生大会へ気持ちを切り替え、KEIHIN REAL RACINGらしいたくましいレースを展開できるよう、チーム一丸となって戦ってまいります。

Lap Chart Round 6オートポリス

Next Round9/21-22

Round 7
SUGO

Ranking

Team
Ranking 09
Point 37
Driver
Ranking 08
Point 26
Weight Handicap
26kg
リアルVoice

PEGETOP