1. KEIHIN REAL RACING 2019
  2. レースレポート
  3. Round 05

Race Report レースレポート : Round 05

Round5
8月3日(土)/4日(日)
富士スピードウェイ
静岡県
コース全長4.563km

予期せぬトラブルも粘りの走りで完走を果たす

長く続いた梅雨が明け、全国各地で猛暑が続いているなか、8月3、4日に2019 AUTOBACS SUPER GT第5戦「FUJI GT 500mile RACE」が富士スピードウェイで開催された。当日は真夏の太陽が照りつける厳しい天候のなか、レースが行われた。
前半戦、なかなか歯車がかみ合わず、成績が振るわないKEIHIN REAL RACING。今回は500mile、約800kmというロングレースのため、通常より高ポイントを獲得できる今大会で上位を目指し、レースウィークにのぞんだ。
公式予選
8/3 Sat Result8
Data
予選方式 ノックアウト方式
天候 晴れ
気温 32℃(15:10時点)
路面温度 39℃(15:10時点)
路面状態 ドライ
観客 22,500人(主催者発表)

8月3日(土)の公式予選1回目(Q1)はベルトラン・バゲット選手が担当した。残り時間8分10秒でピットアウトし、最初のアタックで1分29秒476を出し、さらに2周目のアタックは1分29秒409でタイムを更新し、8番手でQ1を通過した。
続く予選2回目(Q2)を担当したのは塚越広大選手。塚越選手もミスのないアタックで1分28秒747をマークしその時点で2番手のタイムを記録した。しかし、もう1周アタックに入ろうとしたストレートエンドでブレーキトラブルが発生し、1コーナーアウト側のガードレールにクラッシュしてしまった。この時点で赤旗が出され、Q2が終了となった。
さいわい塚越選手の身体は無事だったが、マシンは大破し、さらに赤旗原因を作ってしまったことによりQ2タイムは抹消となり、予選正式結果は8位となった。

決勝
8/4 Sun Result8
Data
周回数 177
天候 晴れ
気温 33℃(13:40時点)
路面温度 51℃(13:40時点)
路面状態 ドライ
観客 38,100人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.5 FUJI
Race Result
8
Team Point
06
Driver Point
04
Weight Handicap
20 Kg

8月4日(日)も朝から強い日差しがサーキットに降り注ぎ、レーススタート時には路面温度が50℃を超え、長く厳しい戦いとなることが予想された。
前日の予選でクラッシュしてしまったKEIHIN NSX-GTは、メカニックによる夜通しの懸命な修復作業により決勝レースには問題なく走れる準備が整った。今回の決勝レースはQ2で使用したタイヤをスタートに使用することが予選後に行われた抽選で決定した。しかし、KEIHIN REAL RACINGがQ2で使用したタイヤはクラッシュによりダメージを受けており、タイヤ交換をしなくてはいけないため、そのペナルティでピットスタートとなってしまった。
グリーンシグナルと同時にタイヤを交換し、GT300クラスの最後尾よりレースをスタートさせた。第1スティントを担当した塚越選手は30台近くのGT300クラスのマシンたちをパスしてひたすらに前を追い、懸命に走る。ラップタイムはGT500クラスのトップ集団と遜色はないが、なかなかGT500クラスの最後尾に追いつくことができない。ミスなく38周の周回数を重ね、ピット作業に入り、バゲット選手にステアリングを託す。
第2スティントを担当したバゲット選手も安定したペースで走行し、ギャップを縮めていっていたがあと数周でピットインという69周目に38号車(ZENT CERUMO LC500)が100Rでコースアウト。スポンジバリアにクラッシュしたため、74周目にセーフティカーが導入される。セーフティカーランは78周目まで続き79周目にレースは再開。セーフティカーとともにKEIHIN NSX-GTはピットレーンに入る。
第3スティントはふたたび塚越選手がステアリングを握り、ひたすらギャップを埋めながら周回し、次のピットインタイミングをはかっていた矢先、104周目に24号車(リアライズコーポレーション ADVAN GT-R)がメインストレートでストップし、マシンから出火したため、2度目のセーフティカーが導入された。113周目にリスタートとなり、KEIHIN NSX-GTは予定より数周早いがピットインする作戦をとる。
ミスなくピット作業を終え、ライバルたちとのギャップを縮めてバゲット選手がコースに戻る。32周を走りきり、最終スティントのためにピットインし、塚越選手にバトンをつないだ。塚越選手も最後まで集中力を切らさずじわじわと前との差を縮めていくが、追いつくことはできず、最大延長時間の18時40分を迎え、レース終了となり、8位でチェッカーフラッグを受けた。

大量得点を獲得できる今大会で、後半戦に弾みをつけたかったのですが、上位でゴールすることができませんでした。しかし、真夏の長丁場のレースで走りきることができたことは、必ず次戦以降につながると思います。2019年シリーズも残り3戦となりましたが、あきらめず優勝を狙います。

Lap Chart Round 5富士スピードウェイ

Next Round9/7-8

Round 6
AUTOPOLIS

Ranking

Team
Ranking 13
Point 19
Driver
Ranking 13
Point 10
Weight Handicap
20kg
リアルVoice

PEGETOP