1. KEIHIN REAL RACING 2018
  2. レースレポート
  3. Rd.2 富士スピードウェイ

Race Report レースレポート : Rd.2 富士スピードウェイ

Round2
5月3日(木)/4日(金)
富士スピードウェイ
静岡県
コース全長4.563 km

予期せぬアクシデントが続くも、意地を見せて11位完走

開幕戦で見事ポール・トゥ・ウィンを果たし、ポイントリーダーとして迎えた2018オートバックスSUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」が5月3日、富士スピードウェイで開幕した。
公式予選
5/03 Thu Result14
Data
天候 曇り
気温 22℃(15:15時点)
路面温度 35℃(15:15時点)
路面状態 ドライ
観客 31,300人(主催者発表)

予選日となった5月3日(木)は朝から暴風雨が続き、サーキットは一面霧で包まれた。フリー走行が始まる8時40分頃には、ますます霧は濃くなり、数メートル先も見えないほどだった。
そのため、午前中に予定されていたフリー走行は中止となり、午後に30分間のフリー走行が実施された。公式予選は予定されていたノックアウト方式から、20分間の1セッションのタイムアタックとなった。15時15分に予選がスタートし、ドライバーは塚越広大選手が担当した。塚越選手はコースオープンと同時にコースインし、最初のアタックで1'29.401のタイムを出して一度ピットに戻る。2セット目のタイヤに履き替え、残り7分30秒で再びコースインし、アタックを行った。全マシンのなかで一番重い42kgのウェイトハンディを積んでいるという不利な条件であったものの、トップと約1秒差の1'28.907で14番手となった。

決勝
5/04 Fri Result11
Data
周回数 108周
天候
気温 18℃(14:00時点)
路面温度 36℃(14:00時点)
路面状態 ドライ
観客 55,000人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.2 FUJI
Race Result
11
Team Point
01
Driver Point
00
Weight Handicap
42 Kg

決勝日は風は強いものの晴天となり、サーキットには大勢のファンが詰めかけた。
13時より25分間に延長されたウォームアップ走行がスタートし、ここでマシンの状態の最終確認を行った。今回はレース距離が500kmと長く、2回のドライバー交代が義務付けられている。
スタートドライバーは塚越選手が担当した。14時40分より静岡県警察本部の白バイ9台、そしてパトロールカー4台によるパレードラップがスタートし、1周のフォーメーションラップののち110周のレースがスタートした。
塚越選手は落ち着いてスタートし、序盤から前を走る12号車(カルソニック IMPUL GT-R)を狙っていく。何度かチャンスは訪れるがパスすることはできない。周回を重ね、17周目に64号車(Epson Modulo NSX-GT)をパス、18周目には他車のピットインもあり、11位までポジションを上げる。32周目頃より各チームのピットインが始まっていき、その間も塚越選手はペースよく走り、マージンを作っていく。しかし、34周目にGT300クラスのマシンに後ろから追突されてスピンしてしまう。すぐにコースに戻ったものの痛いタイムロスとなる。幸いマシンにダメージはなく、走行を続けて37周目にルーティンのピットインをする。
小暮卓史選手にドライバー交代し、タイヤ交換と給油を済ませ12位でコースに戻り、全車最初のピット作業を終えた38周目に11位となる。小暮選手も良いペースで前を走る16号車(MOTUL MUGEN NSX-GT)に追っていくが、なかなか捕らえることができない。バトルをするなかでできたタイヤのフラットスポットの影響により、66周目にタイヤがパンクしてしまい、67周目に予定外のピットインをすることとなる。小暮選手は規定周回数を走っていなかったため、タイヤ交換のみでコースに復帰する。その後、76周目のピットインで塚越選手にドライバー交代し、タイヤは変えずに給油を済ませて14位でコースに戻る。周回を重ねるなかで、77周目に1'31.807のベストタイムを更新するなど前との差を縮めていったが、追突やパンクのロスは大きく、最終的に11位でチェッカーを受けた。

ウェイトハンディや追突、パンクによるロスはありましたが、マシンのポテンシャルの高さを実感できたレース結果となりました。すぐ2週間後には第3戦が鈴鹿で開催されるので、気持ちを切り替え次戦にのぞみます。
今大会も風が強いなか、たくさんの応援や温かいご声援をいただき、ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いいたします。

Lap Chart Round 2富士スピードウェイ

Next Round6/30-7/1

Round 4
THAILAND

Ranking

Team
Ranking 05
Point 27
Driver
Ranking 05
Point 21
Weight Handicap
42kg
リアルVoice

PEGETOP