1. KEIHIN REAL RACING 2019
  2. レースレポート
  3. Dream Race

Race Report レースレポート : Dream Race

Round-
11月23日(土)/24日(日)
富士スピードウェイ
静岡県
コース全長4.563km

初めての交流戦、レース1で2位表彰台を獲得!

11月23、24日に富士スピードウェイで「AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT × DTM 特別交流戦」が行われた。
日本のSUPER GT GT500クラスと欧州で開催されているドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)は将来的な統一戦の開催を目指して車両規定の統一化を進めており、その統合してきた成果として日本で初めて両シリーズの車両が走る歴史的なドリームレースとして開催された。GT500クラスからは2019年SUPER GTシリーズを戦った全15台とDTMから7台のマシンが参戦した。
予選・決勝が1日のなかで行われ、23日(土)にレース1、24日(日)にレース2と2レースの開催となり、タイヤは全車ハンコックタイヤを装着、ドライバー交代やレース中の給油作業は不要など、通常のシリーズ戦とは異なるレースフォーマットのなかでの戦いとなった。
KEIHIN REAL RACINGはベルトラン・バゲット選手が別カテゴリーの海外で行われているレースに参戦するため、塚越広大選手がすべての走行を担当した。

21日(木)よりテスト走行が行われ、シリーズ戦で装着していたブリヂストンタイヤではないため、まずはタイヤフィーリングの違いを確認する作業からスタートした。21日は晴天のなかでの走行となったが、翌22日(金)は朝から冷たい雨が降り、ウェットコンディションでのテスト走行となった。
Race1
11/23 Sat Result2
Data
周回数 55分
天候 雨・曇り
気温 15℃(14:30時点)
路面温度 14℃(14:30時点)
路面状態 ウェット
観客 22,600人(主催者発表)

レース1が行われた11月23日(土)は朝から弱い雨が降ったり止んだりするなか、9時25分より20分間の予選が行われた。路面は水の量は多くはないもののウェットコンディションで、コースオープンと同時にレインタイヤでコースインした。慣れないハンコックタイヤを履き、しっかりタイヤを温めてタイムを更新していく。残り時間10分あたりで一度ピットに入り、2セット目のレインタイヤに交換してふたたびコースに戻る。塚越選手はさらなるタイムアップを狙ったが、前半に出した1’42.609がベストタイムとなり、6位で公式予選を終えた。

今回はDTMのリスタート時に採用されているインディ方式※のスタートが採用され、55分間+1周のスプリントレース、ドライバー交代はなく、最低1回のピットストップとタイヤ4本交換が義務付けられた。

※インディ方式:ポールポジションがイン側となって2列の隊列で走行し、ホームストレートに描かれている両サイドのグリッドの内側に密集する形で隊列を維持したままローリングスタートする

あわただしいスケジュールのなか、14時26分よりフォーメーションラップがスタートした。雲行きが怪しいながらも路面は乾いてきており、KEIHIN NSX-GT含めほとんどのマシンがスリックタイヤでのスタートとなった。
レース直前のダミーグリッドに向かう周回で2番手スタート予定だった28号車(BMC Airfilter Audi RS 5 DTM)がコースアウトし、クラッシュ。そのため、KEIHIN REAL RACINGは5番手でスタートした。塚越選手は慣れないインディ方式のスタートであったが、ミスなくスタートしてポジションを守り切り、オープニングラップを5位で終える。序盤から塚越選手は怒涛の追い上げで2周目に99号車(Akrapovic Audi RS 5 DTM)、3周目には23号車(MOTUL AUTECH GT-R)を抜き、さらに7周目には1号車(RAYBRIG NSX-GT)をパスして2位までポジションを上げる。そして後続とのギャップを広げながらトップを走る37号車(KeePer TOM'S LC500)を追っていく。
18周目にピットインしてタイヤ交換を行う。ピット作業員の制限人数も通常レースとは違い、最大7名となっており、慣れたルーティンとは異なるタイヤ交換であったが、ミスのない作業でコースに送り出す。
全車がピット作業を終え、ポジションは変わらず2位をキープ。塚越選手の走行ペースは悪くないが、なかなか前車との差を詰めることができない。残り時間およそ9分のところで12号車(カルソニック IMPUL GT-R)がホームストレート上にストップ。残り時間8分でセーフティカーが導入される。これで各車との差がリセットとなった。セーフティカーは1周で解除となり、残り時間約2分でふたたびインディ方式のリスタートが切られる。一気に順位が変動する可能性があったリスタート後、1コーナーでチャンスを狙うがパスすることはできず、あとわずかに届かず2位でチェッカーを受けた。

Race2
11/24 Sun Result21
Data
周回数 55分
天候 曇り
気温 21℃(14:30時点)
路面温度 21℃(14:30時点)
路面状態 ドライ
観客 24,100人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Dream Race
Race Result
21
Team Point
--
Driver Point
--
Weight Handicap
-- Kg

レース2が行われた11月24日(日)も前日と似たようなコンディションであったが、少し雨量が多いなか、9時より公式予選が行われた。塚越選手は他車との良い距離感を見計らってピットアウトし、アタックにのぞんだ。最初のアタックで1'49.930を出し、一度ピットに戻る。中古のレインタイヤに交換し、残り時間7分15秒でふたたびコースインする。水煙が上がる難しいコンディションのなかのアタックで1'47.308を記録し、レース2の予選を6位で終えた。トップタイムを記録した16号車(MOTUL MUGEN NSX-GT)が金曜日のクラッシュによる車両交換のペナルティで5グリッド降格となったため、KEIHIN REAL RACINGは決勝レースを5番手からスタートすることとなった。

決勝レースは前日のレース1と同時刻よりフォーメーションラップがスタートした。グリッドで待機中もいつ雨が降ってもおかしくないような怪しい雲行きであったが、ドライコンディションでレースはスタートした。
レース1に続き、塚越選手は序盤からポジションを着実に上げていき、8周目には4位を走行していた。9周目、残り時間40分のタイミングで28号車のパーツがコース上に落下してしまい、その回収のためセーフティカーが導入され、残り時間35分でリスタートが切られる。各車の差がなくなり、難しいインディカー方式でのスタートで塚越選手は抜群のスタートを決め、一気に2台をパスし、2位に浮上する。16周目にピットインし、タイヤ交換してコースに戻る。
しかし、20周目に33号車(Audi Sport RS 5 DTM)がタイヤにダメージを追い、コース上にパーツが散乱してしまう。残り時間21分でふたたびセーフティカーが入り、まだピットインしていないマシンがいるため、塚越選手は4番手からのリスタートとなった。
残り時間9分30秒でリスタートが切られたが、混乱したスタート直後のバトルで16号車と接触、さらにその後8号車(ARTA NSX-GT)とも接触し、マシンの左フロントにダメージを負い、コースサイドにマシンを止めることとなった。
なお、KEIHIN REAL RACINGは完走扱いとなり、21位でレース2を終えた。

Lap Chart Round -富士スピードウェイ

Next Round

2018年シーズン閉幕

Ranking

Team
Ranking 07
Point 54
Driver
Ranking 06
Point 39
Weight Handicap
--kg
リアルVoice

PEGETOP