1. KEIHIN REAL RACING 2018
  2. レースレポート
  3. Rd.7 オートポリス

Race Report レースレポート : Rd.7 オートポリス

Round7
10月20日(土)/21日(日)
オートポリス
大分県
コース全長4.674km

苦しいレース展開、粘りの走りで6位入賞

シリーズで唯一、九州で開催となる2018 AUTOBACS SUPER GT第7戦「AUTOPOLIS GT300km RACE」が10月20、21日に大分県のオートポリスで開催された。今シーズンも残り2大会となり、KEIHIN REAL RACINGのシリーズランキングはトップと21ポイント差で4位。オートポリスは昨年2位表彰台を獲得した相性の良いサーキット。シリーズチャンピオンを獲得するため、チームは入念な事前準備を行いレースにのぞんだ。
今大会はレギュレーションによって全車両のウェイトハンディが半分となるため、KEIHIN REAL RACINGは40kgのウェイトハンディで戦うこととなった。
公式予選
10/20 Sat Result2
Data
予選方式 ノックアウト方式
天候 晴れ
気温 15℃(14:30時点)
路面温度 34℃(14:30時点)
路面状態 ドライ
観客 10,550人(主催者発表)

さわやかな秋晴れのなか、公式予選がスタートした。
予選1回目(Q1)を担当した小暮卓史選手は、残り時間7分のタイミングでピットアウトする。他マシンとの絶妙な間合いを保ち、小暮選手はアタックのタイミングを待つ。1周のウォームアップの後、渾身のアタックを決め1'32.650でコースレコードを更新し、トップタイムでQ1を突破した。予選2回目(Q2)は塚越広大選手が担当し、残り時間7分でピットを離れ、ポールポジションをかけたアタックに入る。小暮選手のタイムを上回る1'31.989でトップタイムを叩き出したが、8号車(ARTA NSX-GT)がさらにタイムを更新し、2番手タイムとなった。決勝レースは、フロントローという好位置からのスタートでのぞむこととなり、勝利への期待が高まった。

決勝
10/21 Sun Result6
Data
周回数 65周
天候 晴れ
気温 17℃(14:00時点)
路面温度 36℃(14:00時点)
路面状態 ドライ
観客 20,380人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.7 AUTOPOLIS
Race Result
6
Team Point
8
Driver Point
5
Weight Handicap
40 Kg

決勝日も好天に恵まれ、スタート前には予選日の気温を上回る暖かい気候となった。
定刻の14時より大分県警察本部の白バイ5台、そしてパトロールカー2台が先導するパレードラップが始まり、1周のフォーメーションラップの後、65周の決勝レースがスタートした。スタートドライバーは小暮選手。落ち着いたスタートを決めるが、2周目には後方からスタートした36号車(au TOM'S LC500)が背後に迫ってくる。小暮選手は冷静な走りで、ポジションを守りながら周回を重ねていく。5周目くらいからGT300クラスとの混走が始まり、トップを走る8号車(ARTA NSX-GT)との3つ巴の戦いとなる。必死にポジションを守っていたが、10周目に再び36号車とサイドバイサイドとなり、ミラーが取れるほどの接触バトルでパスされ、3位となった。その後1号車(KeePer TOM'S LC500)の猛追を受けるが、うまく守りレースを進めていく。19周目にGT300クラスのマシンが最終コーナー手前でコースアウトし、グラベルから脱出できなくなってしまった。そのため、20周目にセーフティカーが導入されることとなる。25周目にリスタートが切られ、翌周の26周目にKEIHIN NSX-GTはピットイン。
塚越選手へドライバー交代、タイヤ交換、給油を他チームより5秒ほど速い作業で、11位でコースに戻る。他マシンもピットインしていくなか、実質4位を走っていたが、KEIHIN NSX-GTはタイヤのトレッド面にタイヤカスが付着するピックアップ症状に苦しめられ、ペースを上げることができない。42周目には100号車(RAYBRIG NSX-GT)と38号車(ZENT CERUMO LC500)にかわされ、6位となってしまった。その後も後走マシンから猛追される厳しい状況となったが、塚越選手はピックアップを解消しながらポジションを守り、6位でチェッカーフラッグを受けた。

最終戦を残してシリーズチャンピオンの権利を失ってしまい、とても悔しいです。ただ、マシンのポテンシャル、チーム力は確実に高いものとなっていますので、最終戦もてぎではふたたび強いKEIHIN REAL RACINGを見ていただけるよう、次戦に備えます。
今大会もたくさんのファンの方々に応援していただき、ありがとうございました。

Lap Chart Round 7オートポリス

Next Round

2018年シーズン閉幕

Ranking

Team
Ranking 06
Point 66
Driver
Ranking 07
Point 45
Weight Handicap
00kg
リアルVoice

PEGETOP