1. KEIHIN REAL RACING 2017
  2. レースレポート
  3. Rd.7 チャーン・インターナショナル・サーキット

Race Report レースレポート : Rd.7 チャーン・インターナショナル・サーキット

Round7
10月7日(土)/8日(日)
チャーン・インターナショナル・サーキット
タイ
コース全長4.554 km

大応援団が後押し!今シーズン2度目の表彰台を獲得!!

SUPER GTシリーズ唯一の海外大会となる2017 AUTOBACS SUPER GT第7戦「Chang SUPER GT RACE」がタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで行なわれた。
10月のタイは雨季の後半にあたるため、連日激しいスコールに見舞われた。さらには陽が射せば南国特有の蒸し暑さとなり、天候、気温との厳しい戦いとなることが予想された。
監督、ドライバーは月曜日からタイに入り、ケーヒンのタイ4拠点を訪問し、熱烈な応援を受けた。レギュレーションによってウェイトハンディが半分となる今大会、チームはより一層の気合いを入れてサーキットに入った。
公式予選
10/7 Sat Result03
Data
予選方式 ノックアウト方式
天候 曇り
気温 24℃(15:00時点)
路面温度 31℃(15:00時点)
路面状態 ウェット
観客 15,881人(主催者発表)

公式予選日が行われた7日(土)、朝から猛烈なスコールに見舞われた。フリー走行の実施自体が危ぶまれたが、徐々に雨は止み、10分遅れでフリー走行が行われた。最終的にはドライコンディションでフリー走行が終了したが、走行時間が終了した途端、再びサーキットは激しいスコールに襲われ、予選に向けて天候への不安が残った。
15時から開始されたGT300クラスの公式予選の頃には雨はあがったものの、コースはフルウェットコンディションとなっていた。GT500クラスの予選1回目(Q1)がスタートする頃になるとレコードラインのみ乾き始めた。Q1を担当した小暮卓史選手は、開始と同時にレインタイヤでコースイン。周回を重ねるごとにタイヤに熱が入っていき、タイムを更新していく。5周走ったところでピットインし、新しいレインタイヤに交換し、さらなるタイムアップを狙う。8周目に1'29.887を出し、5番手タイムでQ1を突破した。
続く予選2回目(Q2)は塚越広大選手が担当した。Q1よりも路面はだいぶ乾いてきたものの、まだ濡れているところもあるという非常に難しいコースコンディション。塚越選手はスリックタイヤを選択し、予選開始と同時にコースインした。塚越選手は慎重にアタックを重ね、1'25.124を記録し、3番グリッドを獲得した。

決勝
10/8 Sun Result03
Data
周回数 66周
天候 雨のち晴れ
気温 30℃(15:00時点)
路面温度 36℃(15:00時点)
路面状態 ウェットのちドライ
観客 26,376人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.7 THAILAND
Race Result
03
Team Point
14
Driver Point
11
Weight Handicap
18 Kg

8日(日)の決勝日はタイですっかりおなじみとなったタイのケーヒン大応援団約600名が駆けつけた。
昨日の天候と打って変わり、朝から強い日差しが降り注ぎ、サーキットサファリと20分間のウォームアップ走行はドライコンディションで行われた。チームはドライでのセットを確認し、決勝に向けて士気を高めていった。
今回は塚越選手がスタートを担当した。スターティンググリッドに着き、15時のスタートを待っていると、上空にあった怪しい黒い雲から雨粒が落ちてきて、一瞬でグリッドは濡れていった。一度雨は止んだものの再び強い雨が降り始め、グリッドでKEIHIN NSX-GTはレインタイヤへ交換した。
スタート5分前には雨は止み、今度は日差しが射し始めるという難しい路面コンディションのなか、決勝レースがスタートした。24号車(フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R)がスターティンググリッドから動くことができなかったため、セーフティカースタートとなり、3周目に本格的なスタートが切られた。
塚越選手は安定したスタートを決めたがタイヤが温まらず背後から追われる展開となる。しかし、8周目頃にはタイヤが温まり、後続車を引き離していく。時間が経つにつれレコードラインは乾いていき、15周目にスリックタイヤへ履き替え、再びコースに戻る。まだ若干滑る路面で塚越選手はタイヤを温めながら走行していたが、先にタイヤ交換を終えていた6号車(WAKO'S 4CR LC500)にアウトラップでパスされてしまう。4位にポジションを落としてしまったが、走行ペースは良く、挽回を狙っていく。時間とともに乾いていく路面、いつ変わるかわからない天候、複雑な状況が入り混じるなか、チームは状況を見極めていく。40周目に2回目のピットインを行い、小暮選手にドライバー交代、給油、タイヤ交換をミスなく終え、マシンをコースに送り出した。
残り26周、小暮選手は少しでも前との差を縮めようとしっかりと着実にラップを重ねていく。しかし前を走る12号車(カルソニック IMPUL GT-R)とは少し距離があり、4位のまま残り5周となった。それでもステアリングを握る小暮選手はひたすらに前を追い続ける。ピットで見守る塚越選手、チームスタッフ誰もが最後まであきらめてはいなかった。すると、残り2周のところで12号車が突如スローダウン。KEIHIN NSX-GTは12号車をパスし、3位に浮上した。そしてそのままチェッカーを受け、KEIHIN REAL RACINGは見事3位表彰台を獲得した。

ここ3戦は不運が続き、消化できない気持ちを抱え、「必ず結果を残す」と強い想いでのぞんだ今大会。
ずっとチームを応援し続けてくださったたくさんのファンの皆さんのお陰で3位を獲得することができました。本当にありがとうございました。
2017年シーズンも残すところあと1戦。最終戦はノーウェイトでのガチンコ勝負となります。この1年でつちかったあきらめない力をすべて出し切り、日本の皆さんの前で再び表彰台にあがりたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

Lap Chart Round 7チャーン・インターナショナル・サーキット

Next Round11/11-12

Round 8
MOTEGI

Ranking

Team
Ranking 10
Point 40
Driver
Ranking 11
Point 29
Weight Handicap
00kg
リアルVoice

PEGETOP