Keihin Real Racing 2016  >  レースレポート  >  Rd.3 ツインリンクもてぎ

Race Report レースレポート

Round3
11月12日(土)
ツインリンクもてぎ
栃木県
コース全長4.801 km
Web

マシントラブルでリタイアに終わる

熊本地震の影響で中止となった5月のオートポリス大会の代替戦として2016 AUTOBACS SUPER GT第3戦が11月12日(土)にツインリンクもてぎで開催された。翌日には最終戦である第8戦が続けて実施されることとなり、それぞれ1日で予選と決勝を行うというSUPER GTシリーズ初の2連戦で行われた。
12日に行われた第3戦ではこれまで獲得したドライバーズポイント×1㎏のウェイトハンディを搭載して予選、決勝を戦った。
rd3-1
公式予選
11/12 Sat Result13

12日は気持ちの良い晴れの日となったものの、前日の夜中まで降り続いた雨が路面に残っており、9時から始まった公式予選はウェット宣言のもとスタートした。
今大会では、第3戦と第8戦の2日間とも午前中に15分の予選が行われ、それぞれを別のドライバーが担当するという一本勝負での戦いとなった。
第3戦の予選を担当したのは小暮卓史選手。予選開始と同時にレインタイヤでコースインし、入念にタイヤを温め、タイムアタック。時間が経つにつれ、徐々に乾き始める難しいコンディションで渾身のアタックをするがタイムは伸び悩み、13番手で決勝レースを迎えることとなった。

Data
天候 晴れ
気温 11℃(9:00時点)
路面温度 12℃(9:00時点)
路面状態 ウェット
決勝
11/12 Sat ResultR

予選が行われた同日の13時10分からの決勝レースは完全なドライコンディションのもとでスタートした。
スタートドライバーをつとめるのは小暮選手。1周のフォーメーションラップの後、53周のレースが始まった。スタート直後にすぐに数台をパスするが、ふたたび抜かれてしまい、ポジションを1つ落として14位でオープニングラップを終える。
直後にGT300クラスのマシンがコース上にストップ、さらにもう1台が激しいクラッシュでコース上にパーツが散乱してしまったため、3周目からセーフティカーが導入された。8周目に再スタートがきられたが、小暮選手は37号車(KeePer TOM'S RC F)にパスされてしまい、15位となってしまった。しかし、徐々にマシンのペースが上がり始め、12周目にスピンした64号車(Epson NSX CONCEPT-GT)をパス、さらに1号車(MOTUL AUTECH GT-R)をパスし、13位に浮上する。小暮選手は非常によいペースで周回を重ね、14周目に8号車(ARTA NSX CONCEPT-GT)と15号車(ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT)をパスし、11位までポジションを上げる。
チームはレースが開始して1/3の距離となる19周目でピットインするというミニマムでの作戦をとった。ピット作業でのポジションアップをはかったが、ピット作業の際にギアボックストラブルが発生してしまい、ドライバー交代した塚越広大選手がピットから出ることはかなわず、悔しいリタイアとなった。

Data
周回数 53周
天候 晴れ
気温 22℃(13:40時点)
路面温度 26℃(13:40時点)
路面状態 ドライ
観客 23,500人(主催者発表)
Director’s Comment
Driver’s Comment
Rd.3 MOTEGI
Race Result
R
Team Point
00
Driver Point
00
Weight Handicap
-- Kg

Lap Chart Round 3ツインリンクもてぎ

Next Round

2016年シーズン閉幕

Ranking

Team
Ranking 11
Point 43
Driver
Ranking 11
Point 27
Weight Handicap
--kg
リアルVoice
株式会社ケーヒン公式
Facebookページ