ホーム  >  モータースポーツ:Keihin Real Racing  >  Round 08

RACE REPORT レースの熱戦の模様をお伝えします。

Round 08
ツインリンクもてぎ(栃木県)
開催日 2015年11月14日(土)、15日(日)
コース全長 4.801km
rr_twinring

歯車が噛み合わない最終戦 8位入賞に終わる

2015 オートバックス SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」が栃木県のツインリンクもてぎで開催された。2015年SUPER GTシリーズの最終戦となる今大会はウェイトハンディがなくなり、全車イコールコンディションでのガチンコレース。前戦のオートポリスで怒涛の追い上げを見せ、3位表彰台を獲得したKEIHIN REAL RACINGは、有終の美を飾るべくこの週末にのぞんだ。

公式予選

1114(土) Result9

■予選方式:ノックアウト方式
天候
気温 13℃(13:00時点)
路面温度 23℃(13:00時点)
コースコンディション ウェット
観客 17,000人(主催者発表)
2015_rd8_q1

土曜日は朝から冷たい雨が降り、午前中に行われた練習走行もウェット路面のなかスタートした。KEIHIN NSX CONCEPT-GTは順調にセットアップメニューをこなし、公式予選に向けて非常に良い感触でマシンを仕上げていった。

今回の公式予選もノックアウト方式で行われ、予選1回目(Q1)での上位8台が予選2回目(Q2)に進出することができる。
マシンが走行すると水しぶきが立ち上がり、前が見えなくなるほどのヘビーウェットコンディションのなか、14時20分にQ1が開始されると同時に全車が一斉にコースイン。Q1を担当する塚越広大選手は果敢にアタックするが、1'49.416のタイムで9番手となり、惜しくもQ2へ進出することができなかった。

走行後のデータ解析で、ハイブリッドシステムにトラブルがあったことが判明。トラブルがあったにも関わらず、9番手タイムを記録できたことからもマシンの好調さは明確であり、トラブルがなければ・・・と悔やまれる予選結果となった。

決勝

1115(日) Result8

周回数 53周
天候 雨のち晴れ
気温 16℃(13:40時点)
路面温度 18℃(13:40時点)
コースコンディション ウェットのちドライ
観客 33,000人(主催者発表)
2015_rd8_f1

日曜日の朝も雨は止まず、決勝レースに向けての最終調整となる朝のフリー走行もウェットコンディションのなかで行われた。前日のハイブリッドシステムのトラブルを解消したKEIHIN NSX CONCEPT-GTはこの日も好調な走りをみせ、決勝レースでの挽回に向けて気合いを入れた。

昼前には雨が止み、時折晴れ間も見え始め、コースが乾き始めた。この週末はここまでスリックタイヤの走行がなかったため、通常8分間のウォームアップが18分間に延長された。スリックタイヤでのウォームアップ走行が終わり、フォーメーションラップ開始まであと30分というところで再び雨が降り始める。雨脚が強くなり、路面は再びウェットコンディションとなった。雨が降ったり止んだりと難しい天候のなか、チームはタイヤ選択をギリギリまで悩み、レインタイヤでスタートすることにした。

スタートドライバーは武藤英紀選手。スタートで19号車(WedsSport ADVAN RC F)をパスしたが、4コーナーで19号車に接触され、スピンを喫してしまう。コースに戻ることができたが、最後尾までポジションを落としてしまった。武藤選手は落としたポジションをひとつでも上げるべく闘志を燃やし、3周目に15号車(ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT)、7周目に39号車(DENSO KOBELCO SARD RC F)、さらに8周目に24号車(D'station ADVAN GT-R)を次々とパスし、12位となる。10周目には前を走る36号車(PETRONAS TOM'S RC F)がマシントラブルでリタイアとなり、さらにその周に46号車(S Road MOLA GT-R)をパスし10位までポジションを上げる。武藤選手の勢いは止まらず、12周目に19号車、16周目には6号車(ENEOS SUSTINA RC F)をパスして8位となり、スタート時よりもポジションを上げた。
青空が顔を出し、路面が乾き始め、ドライバーの最低周回数である18周目頃からピットインするマシンが出始めた。KEIHIN NSX CONCEPT-GTも22周目にピットイン。塚越選手にドライバー交代し、迅速なピット作業でスリックタイヤに交換し、11位でコースに戻る。
さらなる巻き返しを図ろうとした26周目、46号車がGT300クラスのマシンに接触されてパーツがコース上に散乱したため、27周目にセーフティカーが導入された。KEIHIN NSX CONCEPT-GTはクラスごとに隊列を整えたタイミングでトップを走っていた64号車(Epson NSX CONCEPT-GT)の後ろを走っていたため、周回遅れとなってしまい、トップ集団とは1周の差ができてしまった。32周目に再スタートとなり、塚越選手は諦めることなくプッシュし続け、トップ陣よりも1秒近く速いペースで攻め続けたが、開いてしまった差はあまりにも大きく、悔しくも8位でチェッカーフラッグを受けた。

今大会をもちまして2015年シーズンが終了しました。今年は2度の表彰台を獲得したものの、優勝には手が届きませんでした。今年味わった悔しさ、涙を来年への糧にできるよう、オフシーズンもしっかり準備していきます。
たくさんのご声援ありがとうございました。

ドライバーランキング:8位、チームランキング:8位

  • チームのお仕事
1117rap_rd8