ホーム  >  モータースポーツ:Keihin Real Racing  >  Round 08

RACE REPORT レースの熱戦の模様をお伝えします。

Round 08
ツインリンクもてぎ(栃木県)
開催日 2014年11月15日(土)、16日(日)
コース全長 4.801km
rr_twinring

マシントラブルに見舞われるも完走を果たす

いよいよ最終戦となった2014年SUPER GTシリーズ第8戦がツインリンクもてぎで開催された。
前戦までは獲得したポイントに応じてウェイトハンディが課せられてきたが、最終戦では全車ハンディなしとなり、各マシン本来の実力が試されるなかで熱い戦いが繰り広げられた。

今シーズンは参戦マシンが変わり、前半戦から苦戦を強いられたKEIHIN NSX CONCEPT-GTであったが、第4戦の菅生ではホンダ勢初となる表彰台を獲得、さらに第5戦富士ではホンダ勢初のポールポジションを獲得した。残す目標は優勝のみ。ドライバー、スタッフ一同、士気高くサーキット入りした。

公式予選

1115(土)  Result8

■予選方式:ノックアウト方式
天候 晴れ
気温 14℃(13:30時点)
路面温度 21℃(13:30時点)
コースコンディション ドライ
観客 15,500人(主催者発表)
I6X2509

15日(土)に行われた公式予選は今回もノックアウト方式で行われ、予選1回目(Q1)の上位8台が予選2回目(Q2)に進出することができ、続くQ2で決勝グリッドが決定する。
今回はQ1を塚越広大選手が担当した。13時45分よりGT500クラスの予選がスタートし、残り8分を切ったところでコースイン。タイヤを温め、いざアタックというタイミングで1号車(ZENT CERUMO RC F)がコースサイドに停まってしまい赤旗中断となる。残り時間7分で予選が再開され、全車が一斉にコースイン。塚越選手は1’39.394で6番手タイムとなり、見事Q1を突破した。
続くQ2は金石年弘選手が担当した。Q2も残り8分を切ったところでコースイン。懸命なアタックをするも1'40.050で8番手タイムとなった。

決勝

1116(日)  Result15

周回数 53周
天候 晴れ
気温 18℃(13:40時点)
路面温度 24℃(13:40時点)
コースコンディション ドライ
観客 32,000人(主催者発表)
14116305

決勝日の16日(日)は朝から空気が冷たいながらも青く澄み渡った秋晴れとなり、サーキットには最終戦を観ようと多くのファンの方々が来場し、もはやサーキットの名物となったケーヒン大応援団も今回は900名が駆けつけた。

13時よりパレードラップが開始され、1周のフォーメーションラップのあとにスタートが切られた。スタートドライバーは金石選手。金石選手は抜群のスタートを決め、さらに他車のアクシデントもあり、オープニングラップでポジションを5番手まで上げる。その後も前を走る36号車(PETRONAS TOM'S RC F)を完全にとらえ、オーバーテイクのタイミングをはかる。8周目に36号車をパスし、4番手にポジションを上げたが、その直後の1コーナーでブレーキトラブルが発生してしまい、コースアウトしてしまう。マシンは一度ピットに戻り修復作業を行い、メカニックの懸命な作業により5周遅れで再びコースに復帰する。

その後は順調に周回を重ね22周目にピットインし、給油、タイヤ交換を済ませて塚越選手にドライバー交代する。塚越選手は26周目に1'42.031のベストタイムを更新し、トップ勢と変わらないラップタイムで走行して上位進出の機会を狙ったが、修復作業でのロスは大きく、15位で完走を果たした。

今シーズンもたくさんのご声援をいただき、本当にありがとうございました。
良い結果を残すことができませんでしたが、来シーズンこそはシリーズチャンピオンを獲得できるよう、チーム一同高みを目指してまいります。

ドライバーポイントランキング:12位、チームポイントランキング:12位

  • チームのお仕事
1118rd8_rap