ホーム  >  モータースポーツ:Keihin Real Racing  >  監督プロフィール

TEAM PROFILE チームプロフィール

監督プロフィール

金石勝智
リアルレーシング代表取締役 金石勝智

KEIHIN REAL RACING として6年目になる今シーズンは、マシンがNSX CONCEPT-GTに代わり、エンジンもタイヤもすべてが刷新され、新たなスタートを迎えます。マシンが変わることでどのようなレース展開になるかわかりませんが、往年のNSX復活は私たちチームにとって、非常に楽しみなシーズンです。ドライバーは6シーズン目となる塚越選手、金石選手の最強コンビが持ち前の戦闘力を武器に戦っていきます。
すべてが新しくなる今シーズンは、ホンダ陣営を代表するチームとして、シリーズチャンピオン獲得のためにチーム一丸となって戦っていきますので、皆さんの熱いご声援をよろしくお願いいたします。

©GTA

略歴

1980年にレーシングカートでデビュー。1988年、鈴鹿FJ1600Aクラス・チャンピオンに。1989 年から全日本F3選手権、1990年から全日本F3000選手権(1996年からフォーミュラ・ニッポン)に参戦。フォーミュラ・ニッポンにおける最高ランキングは2000年の6位。また、1995年から1998年まで全日本ツーリングカー選手権に参戦。1997年からは全日本GT選手権に参戦し、2001年には土屋圭市選手と組んでシリーズ2位となる。
2003年日本初のドライバーとして、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権) にフル参戦し、ヨーロッパでも高い評価を得る。2004年全日本GT 選手権にフル参戦とともに、ル・マン24 へ参戦。2005年度も引き続き純日本チーム「童夢」よりル・マン24へ参戦した。また、2003年に株式会社リアルを設立し、「REAL RACING」を率い2007年よりSUPER GTとF3の2カテゴリーで参戦を開始する。自らもステアリングを握り2007年から2008 年までSUPER GTシリーズGT500クラスにフル参戦し、2009年現役を引退した。
レース活動の傍ら国内外のドライバーのマネージメント、幅広いプロモート活動も積極的に行っており、若手ドライバーの育成にも力を注いでいる。

戦略

1980年 レーシングカートデビュー
1981・1982年 SLカートシリーズ チャンピオン
1983年 全日本カート選手権ナショナルクラス チャンピオン
1985年 全日本カート選手権FKクラス チャンピオン
1986年 全日本カート選手権FKクラス参戦
1988年 鈴鹿FJ1600参戦
1989・1991年 全日本F3選手権参戦
1990年 全日本F3000選手権最年少デビュースポット参戦
1991年 全日本F3000選手権スポット参戦
1992年 全日本ツーリングカー選手権D3クラス チャンピオン
1992~1995年 全日本F3000選手権参戦
1996~2002年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン参戦
1997・1998年 全日本ツーリングカー選手権参戦
1997~2004年 全日本GT選手権GT500クラスシリーズ参戦
2003年 日本人初のDTMドライバーとしてシリーズ参戦
全日本GT選手権GT500クラススポット参戦
株式会社リアル設立
2004~2005年 ル・マン24時間耐久レース(LMP1)参戦
2007年 REAL RACING 始動
2007~2008年 SUPER GT シリーズGT500 クラス参戦