ホーム  > 会社情報  > 事業概要:四輪事業・二輪事業

事業概要

世界をリードし続ける「総合システムメーカー」を目指して

四輪車・二輪車のあり方が大きく変化している今、ケーヒンは世界をリードし続ける「総合システムメーカー」を目指して進化しています。個々の部品に世界最高の品質を求めてきた従来の視野をさらに広げ、メカニクスとエレクトロニクスの高度な融合を図ることで、エネルギーマネジメントシステム全体での最適化をかなえる。これが私たちケーヒンの新たなステージです。もちろん環境との調和という重要なテーマに対しても、私たちケーヒンはハイブリッド車やFIシステムへの取組みなど明確な解答を提示しています。

低燃費や環境への関心が高まるなか、私たちが展開する四輪事業は、従来の「機構・空調・電子」の3つの領域を統合し、メカニクスとエレクトロニクスを融合させた全体システムとして最適な形で提案をする形へと進化しています。将来を見据え、ガソリン車にとどまらず、代替燃料やハイブリッド車向けの製品も手がけるなど、お客様の多種多様なニーズに対応しています。クルマのエネルギーが変化しても、安定的に成長できる製品の開発に、ますます注力していきます。

二輪・汎用事業

キャブレターのトップメーカーとして、世界をリードし続けてきた私たちは、排出ガス規制に対応したFI(電子燃料噴射)システムにおいてもトップメーカーをめざしています。 これまで培ってきた技術をもとに、より高いレベルで小型化・軽量化、省燃費化をめざした次世代システムの開発を推進。また、代替燃料への対応も進めており、アルコールとガソリンを自由に混合できるシステム向けの製品も開発しています。